第17回ファジィシステムシンポジウム Sep.5-7, 2001
  〜科学技術と自然の調和を目指して〜 日本大学理工学部船橋校舎
→9月5日(水) →9月6日(木) →9月7日(金)

― 9月5日(水) ―
→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

A室

画像(1)                                    9:10-10:30       司会       橋本 智巳 (那須大学)

5A1-2:      並列砂時計ニューラルネットワークと情緒生起手法を用いた感情指向型インタフェイスの応用

○市村 匠(広島市立大学),石田 与志(東芝情報システム),目良 和也(広島市立大学),

大枝 真一(東京都立科学技術大学),杉原 亮宏(広島市立大学),

山下 利之(東京都立科学技術大学)

5A1-2:      ヒューマンインタフェースとしての顔の特性に関する研究

○田村 征洋(東京都立科学技術大学),山下 利之(東京都立科学技術大学),

市村 匠(広島市立大学)

5A1-3:      砂時計型ニューラルネットワークを用いた顔画像からの感情抽出

○石田 与志(東芝情報システム),市村 匠(広島市立大学),寺内 睦博(広島国際大学),

高濱 徹行(広島市立大学),磯道 義典(広島市立大学)

5A1-4:      見え方の変化に強い顔画像認識システム

○望月 大介(名古屋大学),橋山 智訓(名古屋市立大学),大熊 繁(名古屋大学)   

 

画像(2)                                     10:40-12:00         司会         大熊 繁(名古屋大学)

5A2-1:      顔画像を用いた人物カラーイラスト作成システム

○山路 憲(慶應義塾大学),萩原 将文(慶應義塾大学)    

5A2-2:      ファジィ推論ニューラルネットワークによる位置関係を考慮した風景画像の認識

○山村 敦(慶應義塾大学),萩原 将文(慶應義塾大学)    

5A2-3:      適合型構造要素を用いたFuzzy Mathematical Morphologyによる包装体不良の検出

○菊池 拓男(職業能力開発総合大学校),村上 周太(九州工業大学)     

5A2-4:      車椅子環境下における進行可能領域と移動物体の抽出

○小野 耕治(九州工業大学),深野 歳司(九州工業大学),前田 幹夫(九州工業大学),

村上 周太(九州工業大学)  

 

〔企画〕だからファジィはすばらしい(第吃堯         14:30-15:50         司会         椎塚 久雄(工学院大学)

『ファジィ理論は、ソフトコンピューティングの中心的役割をなしてきた。いま、ここにきてわれわれはファジィのすばらしさを再確認する必要がある。なぜファジィがすばらしいのか、この分野に造詣の深い方々(向殿政男、鬼沢武久、山口亨、中森義輝、水本雅晴、塚本弥八郎、廣田薫等の各氏)をお招きして有益な発表討論会を開催します。だからファジィはすばらしいは、「第吃堯廚函崑茘局堯廚吠けて計8人の方々に登場していただきます。』企画者:椎塚久雄(工学院大学)

5A3-1:      ソフトコンピューティングの核はファジィだ!

○椎塚 久雄(工学院大学)     

5A3-2:      人間中心システムの本質はファジィだ!

○鬼沢 武久(筑波大学)     

5A3-3:      人間の感性はファジィだ!

○中森 義輝(北陸先端科学技術大学院大学)     

 

5A3-4:      オントロジーの本質はファジィか?

○山口 (東京都立科学技術大学)   

 

〔企画〕だからファジィはすばらしい(第局堯         16:00-17:20         司会         鬼沢 武久(筑波大学)

『ファジィ理論は、ソフトコンピューティングの中心的役割をなしてきた。いま、ここにきてわれわれはファジィのすばらしさを再確認する必要がある。なぜファジィがすばらしいのか、この分野に造詣の深い方々(向殿政男、鬼沢武久、山口亨、中森義輝、水本雅晴、塚本弥八郎、廣田薫等の各氏)をお招きして有益な発表討論会を開催します。だからファジィはすばらしいは、「第吃堯廚函崑茘局堯廚吠けて計8人の方々に登場していただきます。』企画者:椎塚久雄(工学院大学)

5A4-1:      情報融合の本質はファジィにある!

                   ○向殿 政男 (明治大学)

5A4-2:      演算の本質はファジィだ!

○水本 雅晴(大阪電気通信大学)     

5A4-3:      ファジィ理論の七不思議 -その1-

○塚本 弥八郎(名城大学)     

5A4-4:      (続編)だからファジィが面白い!

○廣田 薫(東京工業大学)     

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

B室

ニューラルネットワーク・進化                           9:10-10:30   司会         高木 英行(九州芸術工科大学)

5B1-1:      複素ニューラルネットワークによる環境適応能力の構築

○大村 明弘(東海大学),菊池 浩明(東海大学),中西 祥八郎(東海大学)   

5B1-2:      コラムモジュール構造を用いた感覚情報の統合について

○大村 明弘(東海大学),菊池 浩明(東海大学),中西 祥八郎(東海大学)   

5B1-3:      進化論に基づくニューラルネットワークの構造学習法による生体免疫システムの提案

○大枝 真一(東京都立科学技術大学),市村 匠(広島市立大学),

山下 利之(東京都立科学技術大学),吉田 勝美(聖マリアンナ医科大学)  

5B1-4:      進化論に基づくニューラルネットワークの構造適応学習アルゴリズムの構成

○大枝 真一(東京都立科学技術大学),市村 匠(広島市立大学),寺内 睦博(広島市立大学),

高濱 徹行(広島市立大学),磯道 義典(広島市立大学),山下 利之(東京都立科学技術大学)

 

ニューラルネットワーク・GA                           10:40-12:00         司会         林 勲(阪南大学)

5B2-1:      GAとファジィ評価を用いた物資配送計画

前田 幹夫(九州工業大学),○濱田 薫(九州工業大学),岡部 隆男(日立製作所),

村上 周太(九州工業大学)  

5B2-2:      パルスニューロンを用いた多次元パルスパターンの識別

内野 英治(山口大学),○畔津 忠博(山口県立大学),川村 正樹(山口大学)   

5B2-3:      SVMを用いた数値標高モデルからの地すべり地形の自動抽出

○西畠 英吾(関西大学),広兼 道幸(関西大学),古田 均(関西大学)   

 

5B2-4:      ニューラルネットによる資源配分シミュレーション

○伊藤 潤一(工学院大学),椎塚 久雄 (工学院大学)

 

ニューラルネットワーク基礎                           14:30-15:50         司会         上原 清彦(東芝)

5B3-1:      TAM NetworkによるAperture問題の一考察

○林 勲(阪南大学)     

5B3-2:      遺伝的アルゴリズムを用いたニューラルネットの学習

○小川 喜央(東洋大学),松本 政之(東洋大学)    

5B3-3:      忘却効果を利用したニューラルネットワークの記憶の整理 -長期,短期記憶モデルを用いて-

○前園 淳(高知大学),森 雄一郎(高知大学)    

5B3-4:      局在興奮型ニューロンモデルの応用

○内野 進(東洋大学),松本 政之(東洋大学)    

 

〔企画〕進化的計算法の最近の動向           16:00-17:20         司会         村田 忠彦(足利工業大学)

『遺伝的アルゴリズムに代表される進化的計算法は近年、様々な分野に適用されてきた。本セッションでは、進化的計算法の応用例として、進化的計算法のアルゴリズムの改善や新規の問題に対する適用結果などの研究発表を通して、最新の研究テーマに関する議論を深めたい。』企画者:橋山智訓(名古屋市立大学),村田忠彦(足利工業大学)

5B4-1:      セルラー多目的GAを用いたファジィ識別システムの構築

○野沢 寛之(足利工業大学),村田 忠彦(足利工業大学),辻村 泰寛(足利工業大学),

光男(足利工業大学)  

5B4-2:      共生進化ウイルスを用いた進化的計算の提案

○坂倉 義明(立命館大学),亀井 且有(立命館大学)    

5B4-3:      パレタイジングにおけるGAを用いた積荷安定化に関する研究

○谷口 典之(立命館大学),亀井 且有(立命館大学)    

5B4-4:                   Routing Treeを用いた煙濃度時系列データからの特徴抽出に関する一考察

○伊藤 弘治(三重大学),吉川 大弘(三重大学),篠木 剛(三重大学),鶴岡 信治(三重大学)

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

C室

〔企画〕産・官・学、様々な視点から若手研究者が考える研究スタイル         9:10-10:30   司会         吉田 真一(東京工業大学)

『?NGLEパネルでは、大学・研究所・企業においてソフトコンピューティングを研究している4名が研究環境を紹介し、研究スタイルの違いに焦点を当てて議論します。学生や若手研究者の異分野への理解・進出、研究の活性化の一助となるよう目指しており、会場一体の議論の時間も用意していますので、お気軽に御参加下さい。』企画者:吉田真一(東京工業大学)

5C1-1:      (パネル討論)?NGLE企画セッション 〜産・官・学、様々な視点から若手研究者が考える研究スタイル

パネラー:岩下 志乃(理化学研究所),大塚 和彦(筑波技術短期大学),

白濱 成希(北九州工業高等専門学校),藤本 太郎(富士通),○吉田 真一(東京工業大学) 

 

言語                                         10:40-12:00         司会         横川 壽彦(帝京平成大学)

5C2-1:      感覚的地図とその言語的表現について

○鬼沢 武久(筑波大学),榊原 真太郎(筑波大学)    

5C2-2:                   Formulation of Linguistic Regression Model

Junzo Watada (Osaka Institute of Technology)

Takayuki KawauraOsaka Institute of Technology

5C2-3:      日本・中国・韓国の英語教科書の計量的解析とアジア圏英語の特徴

○伴 浩美(富山国際大学),菅田 徹(金沢経済大学),Toby Dederick(北陸大学),

世祥(金沢経済大学),大藪 多可志(金沢経済大学) 

5C2-4:      共起頻度を用いた単語間の類似度計算

○堀 高房(名古屋市立大学),橋山 智訓(名古屋市立大学)    

 

行動モデリング                                    14:30-15:50         司会         片井 修(京都大学)

5C3-1:      運転行動のモデル構築

○宮崎 倫明(名古屋大学),児玉 哲司(三重大学),古橋 武(三重大学),大野 宏司(豊田)

5C3-2:      Fuzzy Modeling of Partial Motions in Rowing

Kanta TachibanaNagoya University),Takeshi FuruhashiMie University),

Manabu ShimodaUniversity of Tokyo),Yasuo KawakamiUniversity of Tokyo),

Tetsuo FukunagaUniversity of Tokyo 

5C3-3:      習熟技能のレンズモデルによる解析

○野本 弘平(三菱電機),島 弘三(三菱電機),若松 正晴(三菱電機),

清水 裕(三菱電機メカトロニクスソフトウェア),椹木 哲夫(京都大学) 

5C3-4:      エコロジカル・エキスパート:レンズモデルによる熟練プロセスの定量分析

○椹木 哲夫(京都大学),堀口 由貴男(京都大学),石塚 基(東京大学)   

 

ファジィモデリング              16:00-17:20         司会         馬屋原 一孝(北陸先端科学技術大学院大学)

5C4-1:      最短距離Sector構成に基づくファジィモデリング

○大竹 博(電気通信大学),田中 一男(電気通信大学)    

5C4-2:      マイクロセルラシステムにおけるファジィハンドオーバアルゴリズム

○邊 永培(東京工業大学),高間 康史(東京工業大学),廣田 薫(東京工業大学)   

5C4-3:      能動的学習法による非線形システムのモデリング

○羽生 貴史(電気通信大学),秋本 英一(電気通信大学),本多 中二(電気通信大学)   

5C4-4:      距離型ファジィ推論法によるファジィモデリング

○木村 太(苫小牧工業高等専門学校),王 碩玉(高知工科大学),土谷 武士(北海道大学)   

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

D室

〔企画〕時系列情報処理                           9:10-10:30   司会         生駒 哲一(九州工業大学)

『時々刻々と変化する情報を扱うソフトコンピューティング手法とその応用に関する研究について、数理的側面からの検討、有用性の検証、および今後の展望について議論する。』企画者:生駒哲一(九州工業大学)

5D1-1:      層別分解型ファジィモデルを用いた台風の進路予測法

○小澤 大三(九州工業大学),前田 博(九州工業大学),生駒 哲一(九州工業大学)   

5D1-2:      非定常ベイズモデルによるネットワークトラヒックの成分分解

○高橋 兼基(法政大学),生駒 哲一(九州工業大学),八名 和夫(法政大学)   

5D1-3:      非ガウス型状態空間モデルを用いたレーダー測定下の船舶の追跡

○生駒 哲一(九州工業大学),前田 博(九州工業大学)    

5D1-4:      動画像の開口問題への複数特徴点を用いた時系列フィルタリングによる一手法

○伊藤 亘(九州工業大学),生駒 哲一(九州工業大学),前田 博(九州工業大学)   

 

システム工学                                    10:40-12:00         司会         市橋 秀友(大阪府立大学)

5D2-1:      ファジィ評定データによる消費者の行動意図の予測

○若山 大樹(筑波大学),竹村 和久(筑波大学)    

5D2-2:      カラータイムファジィペトリネットによる災害時避難システムの構成

○碓井 智範(桐蔭横浜大学),田崎 栄一郎(桐蔭横浜大学)    

5D2-3:      検査期間推定による検査員配置の検討

○高田 哲也(京三製作所)     

5D2-4:      多目的交渉問題に対する対話型アルゴリズム

○矢野 均(名古屋市立大学)     

 

〔企画〕ファジィと数理計画法(1)               14:30-15:50         司会         石井 博昭(大阪大学)

『本セッションでは、ファジィ数理計画法のもつファジィ理論的側面と数理計画的側面を考慮して、それぞれの側面で今後どのように発展していくかを探ることを目的とする。すなわち、ファジィ理論から、どのようなモデル、どのようなアプローチがファジィ数理計画に必要か、数理計画法から、ファジィ数理計画問題を効率的に解くにはどうするか、どのようなモデルならうまく解けるかなどを議論したい。』

企画者:石井博昭(大阪大学),乾口雅弘(大阪大学)

5D3-1:      L-ファジィ解析によるL-ファジィ最適化問題

○齋藤 誠慈(大阪大学),石井 博昭(大阪大学)    

5D3-2:      全係数間に相互関係のある可能性線形計画法

○乾口 雅弘(大阪大学),谷野 哲三(大阪大学)    

5D3-3:      区間係数を有する平均・分散モデル

○井田 正明(京都大学)     

5D3-4:      多目的2レベル整数計画問題に対する遺伝的アルゴリズムを用いたStackelberg解の計算方法

西筏 一郎(広島大学),坂和 正敏 (広島大学),○丹羽 啓一(広島経済大学)  

 

〔企画〕ファジィと数理計画法(2)               16:00-17:20         司会         乾口 雅弘(大阪大学)

『本セッションでは、ファジィ数理計画法のもつファジィ理論的側面と数理計画的側面を考慮して、それぞれの側面で今後どのように発展していくかを探ることを目的とする。すなわち、ファジィ理論から、どのようなモデル、どのようなアプローチがファジィ数理計画に必要か、数理計画法から、ファジィ数理計画問題を効率的に解くにはどうするか、どのようなモデルならうまく解けるかなどを議論したい。』

企画者:石井博昭(大阪大学),乾口雅弘(大阪大学)

 

5D4-1:      ファジィ・プロジェクトネットワークにおけるクリティカルパスの検出法について

○小熊 崇(創価大学),古川 長太(創価大学)    

5D4-2:      経路間の依存関係を考慮したファジィ最短経路問題

○岡田 真幸(足利短期大学)     

5D4-3:      A fuzzy treatment of Markov decision processes under uncertain transition probabilities

M.Kurano (Chiba University)M.Yasuda (Chiba University),○J.Nakagami (Chiba University)

Y.Yoshida (University of Kitakyushu)  

5D4-4:      協力ファジィゲームのあるクラス上の Shapley 関数の性質

○鶴見 昌代(大阪大学),谷野 哲三(大阪大学),乾口 雅弘(大阪大学)   

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

E室

〔企画〕ソフトサイエンス・教育工学(1)                  9:10-10:30   司会         須田 宏(慶應義塾大学)

『この企画セッションは、ソフトサイエンス研究会(旧ノンエンジニアリングファジィ研究会)が取組んできた、工学以外の分野にファジィ理論を普及するには、どういう方策をとるべきかという課題の討論の場として発表し続けてきたもので、今回で第4回目に当たります。特に、パネル討論ではソフトサイエンスとは何か、その研究、研究方法および知見についてパネラ及び参加者による議論を予定しています。』

企画者:宮武直樹(法政大学),佐藤章(東洋大学),但馬文昭(横浜国立大学)

5E1-1:       ファジィグラフの特性解析システムVI

○牧野 善之(東洋大学),佐藤 章(東洋大学),滑川 光裕 (嘉悦大学),山下 元(早稲田大学),

須田 宏(慶応義塾大学)  

5E1-2:       ファジィグラフによる情報検索

○新井 衆一郎(東洋大学),佐藤 章(東洋大学),土田 賢省(東洋大学),山下 元(早稲田大学),

須田 宏(慶応義塾大学) 

5E1-3:       情報教育における中学生の現状と高校教育の効果

○山崎 旬一(横浜商業高校),但馬 文昭(横浜国立大学)    

5E1-4:       ファジィルールによる手書き風文字生成におけるパラメータと変動の関係

○但馬 文昭(横浜国立大学),金 福順(横浜国立大学),宮武 直樹(法政大学),

中島 洋一(江陵中学)

 

〔企画〕ソフトサイエンス・教育工学(2)                  10:40-12:00         司会         北垣 郁雄(広島大学)

『この企画セッションは、ソフトサイエンス研究会(旧ノンエンジニアリングファジィ研究会)が取組んできた、工学以外の分野にファジィ理論を普及するには、どういう方策をとるべきかという課題の討論の場として発表し続けてきたもので、今回で第4回目に当たります。特に、パネル討論ではソフトサイエンスとは何か、その研究、研究方法および知見についてパネラ及び参加者による議論を予定しています。』

企画者:宮武直樹(法政大学),佐藤章(東洋大学),但馬文昭(横浜国立大学)

5E2-1:       ファジィ理論を応用した教科のイメージ分析

○稲井田 次郎(日本大学),箭内 美智子(淑徳高校),棚橋 知之(早稲田大学),

山下 元(早稲田大学)  

5E2-2:       大学基礎教育におけるファジィ理論の導入

○稲井田 次郎(日本大学),白川 幸子(日本大学),佐藤 章(東洋大学),須田 宏(慶応義塾大学),

山下 元(早稲田大学) 

5E2-3:       ファジィノードファジィグラフを応用した教材構造分析

上江洲 弘明(早稲田大学),山下 元(早稲田大学),稲井田 次郎(日本大学),

津田 栄(國學院高校)

5E2-4:       陶冶の過程における感性評価活用の効果について

○中島 洋一(江陵中学),小田 哲久(愛知工業大学),但馬 文昭(横浜国立大学),

宮武 直樹(法政大学),松田 修三 (法政大学)  

 

〔企画〕ソフトサイエンス・教育工学(3)         14:30-15:50 司会 宮武 直樹 (法政大学), 但馬 文昭 (横浜国立大学)

『この企画セッションは、ソフトサイエンス研究会(旧ノンエンジニアリングファジィ研究会)が取組んできた、工学以外の分野にファジィ理論を普及するには、どういう方策をとるべきかという課題の討論の場として発表し続けてきたもので、今回で第4回目に当たります。特に、パネル討論ではソフトサイエンスとは何か、その研究、研究方法および知見についてパネラ及び参加者による議論を予定しています。』

企画者:宮武直樹(法政大学),佐藤章(東洋大学),但馬文昭(横浜国立大学)

5E3-1:       (パネル討論)ソフトサイエンスとファジィ 〜工学以外の分野にファジィ理論を普及するには(検法

パネラー:塚本 弥八郎(名城大学),中村 和夫(長岡科学技術大学),小田 哲久(愛知工業大学)

 

〔企画〕短期大学における実践的情報教育とファジィ      16:00-17:00 司会 松下 倫子 (関東学院女子短期大学)

『短期大学や短期大学校など四年制大学以外の高等教育機関における、ファジィ理論およびファジィ理論を応用した手法等の研究および教育の成果や計画について発表し、情報交換することを目的としたセッションである。制約の多い教育研究環境の中で、いかにファジィ理論を学生にわかりやすく教育していくか、市民講座等での講演例など、過去3回のFSSにおいても同テーマのセッションが継続的に開催され、成果を上げてきた。今回は、激変する教育研究環境の中で、短大ならではの実践的情報教育にいかにファジィ理論を取り入れていくかについて活発な討議を予定している。』企画者:中田典規(城西国際大学),松下倫子(関東学院女子短期大学)

5E4-1:       プログラミング教育の事例研究 その3

○中津山 幹男(秋田公立美術工芸短期大学),佐々木 嘉(秋田公立美術工芸短期大学),

草刈 良至(秋田県立大学)   

5E4-2:       美術系短大における情報教育カリキュラムに関する調査研究

○野村 松信(秋田公立美術工芸短期大学)     

5E4-3:       インターネットを利用したファジィ入門教室

○井ノ口 美佐子(西南女学院短期大学)      

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

F室

交通(1)                                     9:10-10:30   司会         高橋 宏(日産自動車)

5F1-1:       ITSシミュレータの開発とヒューマンビークル

○吉藤 隆文(東京都立科学技術大学),山口 亨(東京都立科学技術大学)    

5F1-2:       事例データベースを用いた交通行動パターン推計の提案

○水谷 香織(岐阜大学),秋山 孝正(岐阜大学)    

5F1-3:       ファジィ認知所要時間を用いた経路選択行動モデルによる交通情報提供の影響分析

○小川 圭一(岐阜大学),秋山 孝正(岐阜大学)    

5F1-4:       ファジィ推論を用いた自動車交通を取り巻く心理的負担計測モデルの開発

○武藤 慎一(岐阜大学),厄ハレ 朗義(岐阜大学),中村 典生(岐阜大学)   

 

交通(2)                                     10:40-12:00         司会         秋山 孝正(岐阜大学)

5F2-1:       福祉車両の走行支援情報提供システムの提案

○武藤 裕美(筑波大学),安信 誠二(筑波大学)    

5F2-2:       Motion Recognition by Architecture of Recomposed Information

Dayong Chen (Tokyo Metropolitan Institute of Technology)

Toru Yamaguchi (Tokyo Metropolitan Institute of Technology)

Hiroshi Nitta (Matsushita Communication Industrial)   

5F2-3:       インテリジェント車椅子のためのユーザ適応型インタフェースの開発

○森田 潤(九州工業大学),馬場 恵子(九州工業大学),生駒 哲一(九州工業大学),

前田 博(九州工業大学)  

5F2-4:       距離型ファジィ推論法による案内ロボットの制御

○溝渕 宣誠(高知工科大学),王 碩玉(高知工科大学),河田 耕一(高知工科大学),

山本 正樹(松下電器産業)  

 

ヒューマン・インタフェース                           14:30-15:50         司会         田野 俊一(電気通信大学)

5F3-1:       機能発現機構による人間支援システム

○渡邉 聖(東京都立科学技術大学),熊澤 俊充(東京都立科学技術大学),

山口 亨(東京都立科学技術大学)   

5F3-2:       ナチュラルインターフェイスと情報共有

○山口 亨(東京都立科学技術大学),増田 俊輔(東京都立科学技術大学),

熊澤 俊光(東京都立科学技術大学)   

5F3-3:       観察法による,人間−機械システムの検討

○橋本 智己(那須大学)     

5F3-4:       場所法での英文記憶による精緻化リハーサルの効果分析

○市橋 秀友(大阪府立大学),本多 克宏(大阪府立大学)    

 

医療応用                                             16:00-17:20         司会         斎藤 恵一(東亜大学)

5F4-1:       ファジィ理論を用いた透析前後における脈波パターンの分析

宮脇 貴久 (関西医科大学),有田 清三郎 (関西医科大学),吉井 健悟 (関西医科大学)

田中 章太郎 (関西医科大学)

5F4-2:       ソシオメトリー分析による生活習慣病診断支援

○渡部 幸治(法政大学),増井 重弘(法政大学),佐藤 秀昭(立川病院),柳川 穣(法政大学),

内田 勉(法政大学),松田 修三(法政大学)

5F4-3:       ファジィ計算とクリスプ計算に関わる脳内部位 -双極子解析による推定-

○山ノ井 高洋(北海学園大学),斎藤 正明(北海学園大学),菅野 道夫(理化学研究所),

エリー・サンシェーズ (マルセイユ・ニューロ・インフォ研)

5F4-4:       ラフ集合を用いたファジィ医療診断システム

○奈良 浩樹(大阪電気通信大学),水本 雅晴(大阪電気通信大学)

 


→9月5日(水) →9月6日(木) →9月7日(金)