第17回ファジィシステムシンポジウム Sep.5-7, 2001
  〜科学技術と自然の調和を目指して〜 日本大学理工学部船橋校舎
→9月5日(水) →9月6日(木) →9月7日(金)

― 9月7日(金) ―
→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

A室

〔企画〕可能性理論とその応用                9:10-10:30   司会         乾口 雅弘(大阪大学)

メンバシップ値を可能性の度合いと解釈し、曖昧さを処理する可能性理論は、ファジィ理論の精緻化をめざして発展してきている。特に西欧を中心に、確率論を補う理論としての体系化や、AIおよびORなどへの応用がなされている。本セッションでは、日本における可能性理論の研究状況および動向を探ることを目的とする。』企画者:乾口雅弘(大阪大学)

7A1-1:      確率・可能性変換における不整合とそれを避ける解釈

○山田 耕一(長岡技術科学大学)     

7A1-2:      ファジィ測度から導かれたファジィ・インターヴァル論理

○村井 哲也(北海道大学),佐藤 義治(北海道大学)    

7A1-3:      可能性測度と必然性測度の定め方

○乾口 雅弘(大阪大学),Salvatore GRECO (カターニア大学)Roman SLOWINSKI (ポズナン工科大学),谷野 哲三(大阪大学)  

7A1-4:      区間AHPの定式化とその性質

杉原 一臣(大阪大学),石井 博昭(大阪大学),○田中 英夫(豊橋創造大学)   

 

測度                                         10:40-12:00         司会         鬼沢 武久(筑波大学)

7A2-1:      ファジィ測度を用いた主観的評価尺度の推定

○本田 あおい(九州工業大学),岡崎 悦明(九州工業大学)    

7A2-2:      論理型ファジィ積分

○高萩 栄一郎(専修大学)     

7A2-3:      合成ファジィ測度とその意思決定問題への応用

○戒野 敏浩(青山学院大学),廣田 薫(東京工業大学)    

7A2-4:      ゲームにおける意思決定時に発生する不確実さの定量化

○阿曽 光洋(名古屋大学),橋山 智訓(名古屋市立大学),大熊 繁(名古屋大学)   

 

〔企画〕発展的ファジィ論理の基礎と応用(1)          13:00-14:20         司会         荒木 智行(神奈川工科大学)

『制御などを中心として、応用としてのファジィ論理研究が盛んになされてきている。他方、多値論理の分野でL.A.Zadeh以前から、無限多値論理などが、クリーネ代数、ドモルガン代数等とともに厳密に研究されてきた。本セッションでは、厳密な基礎を持ち、かつ、応用のしやすい論理の最前線の研究成果提供を目指す。』企画者:荒木智行(神奈川工科大学)

7A3-1:      区間真理値の集合同士の代数的性質

○江本 全志(明治大学),向殿 政男(明治大学)    

7A3-2:      多重区間真理値について

○高木 昇(富山県立大学),菊池 浩明(東海大学),中島 恭一(富山県立大学)   

7A3-3:                   Subsets of Fuzzy Linguistic Truth Value to be de Morgan Bisemilattice

Hiroaki Kikuchi (Tokai University)Noboru Takagi (Toyama Prefectural University)   

7A3-4:      ファジィ論理関数の数え上げにおける課題

○巽 久行(神奈川工科大学)     

 

〔企画〕発展的ファジィ論理の基礎と応用(2)          14:30-15:50         司会         菊池 浩明(東海大学)

『制御などを中心として、応用としてのファジィ論理研究が盛んになされてきている。他方、多値論理の分野でL.A.Zadeh以前から、無限多値論理などが、クリーネ代数、ドモルガン代数等とともに厳密に研究されてきた。本セッションでは、厳密な基礎を持ち、かつ、応用のしやすい論理の最前線の研究成果提供を目指す。』企画者:荒木智行(神奈川工科大学)

7A4-1:                   Dependency of Domain Attributes based on Fuzzy Conditional Probability Relations

Rolly IntanMeiji University),Masao Mukaidono(Meiji University)    

7A4-2:      ファジィ論理プログラミング ―導出規則の完全性と健全性

○安井 浩之(武蔵工業大学)     

7A4-3:      非同期ファジィ論理回路の性質について2

○森 雄一郎(高知大学),向殿 政男(明治大学)    

7A4-4:      ファジィインターバル論理に基づく2種類のAmbiguityを扱える測度と積分

○荒木 智行(神奈川工科大学),向殿 政男(明治大学),山本 富士男(神奈川工科大学)   

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

B室

クラスタリング(1)                                9:10-10:30   司会         古殿 幸雄(大阪国際大学)

7B1-1:      次元係数の最適化に固有値を用いる線形ファジィクラスタリング

○馬屋原 一孝(北陸先端科学技術大学院大学),中森 義輝(北陸先端科学技術大学院大学),

宮本 定明(筑波大学)   

7B1-2:      ファジィ符号化を用いたクラスタリングアルゴリズム

○川村 明(室蘭工業大学),鈴木 幸司(室蘭工業大学)    

7B1-3       最小自乗誤差規範と最小絶対誤差規範にもとづくc-回帰法

○中山 洋一(筑波大学),宮本 定明(筑波大学)    

7B1-4:      ファジィクラスタリングの評価基準について

○佐藤 美佳(筑波大学)     

 

クラスタリング(2)                                10:40-12:00         司会   山口 亨 (東京都立科学技術大学)

7B2-1:      確定的アニーリング法とファジィエントロピーを用いたファジィクラスタリング

○安田 真(沖電気工業),古橋 武(三重大学),松崎 元昭(名古屋産業科学研究所),大熊 繁(名古屋大学)  

7B2-2:      ファジィデータに対するL1距離に基づくファジィc-平均法

○高田 治(筑波大学),宮本 定明(筑波大学)    

7B2-3:      主成分分析とファジィクラスタリングを用いた協調フィルタリング

○杉浦 伸和(大阪府立大学),本多 克宏(大阪府立大学),市橋 秀友(大阪府立大学)   

7B2-4:      可能性クラスタリングにおける分類関数の考察と計算手法の検討

○渋谷 和宏(筑波大学),宮本 定明(筑波大学),高田 治(筑波大学)   

 

ファイナンスモデル                               13:00-14:20         司会         高萩 栄一郎(専修大学)

7B3-1:      経済指標時系列のウェーブレット変換による定常性・非定常性の判定

○松田 充夫(大阪樟蔭女子大学)     

 

7B3-2:      連産品のコスト分析

○塚本 弥八郎(名城大学),趙 暁冬(燕山大学)    

7B3-3:      ファジィ・プロジェクト・ポートフォリオ分析によるグループ経営の業績評価法

○川浦 孝之(大阪工業大学),和多田 淳三(大阪工業大学)    

7B3-4:      ファジィリバランスポートフォリオモデルの構築

○渡辺 輝幸(大阪工業大学),和多田 淳三(大阪工業大学)    

 

〔企画〕ルール獲得                                14:30-15:50         司会         橋山 智訓(名古屋市立大学)

『推論エンジンや制御システムなどのファジィモデル構築に関する研究分野において、過去の観測データから自動的にルール獲得を行う手法が盛んに提案されている。本企画セッションでは、この「ルール獲得」分野における最近の成果として、パターン識別や制御の分野における研究発表を行う。』企画者:橋山智訓(名古屋市立大学),村田忠彦(足利工業大学)

7B4-1:      複数のファジィルールテーブルを用いた識別システムの多目的GAによる構築

○村田 忠彦(足利工業大学),川上 修平(足利工業大学),玄 光男(足利工業大学)   

7B4-2:      GAによる倒立振子の対称性を利用したファジィ制御ルール生成

○井上 博行(福井大学),亀井 且有(立命館大学)    

7B4-3:      設計者の意図を利用した実環境での形状とコントローラの同時獲得

○山本 雅哉(名古屋大学),橋山 智訓(名古屋市立大学),大熊 繁(名古屋大学)   

7B4-4:      簡潔なファジィモデルのファジィ集合の形状・配置に関する一考察

○鈴木 俊博(名古屋大学),古橋 武(三重大学)    

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

C室

デザイン                                             9:10-10:30   司会         菅野 直敏(玉川大学)

7C1-1:      対話型遺伝的アルゴリズムによる3次元IFSCGのデザイン支援

○岡原 武(九州東海大学),青木 研(広島国際大学),山田 佳規(九州東海大学)   

7C1-2:      配色支援システムにおける主観を考慮した調和判定について

○藤林 俊彦(関西大学),徳丸 正孝(関西大学),村中 徳明(関西大学),今西 茂(関西大学)  

7C1-3:      対話的進化的計算による配色問題への試み

細川 祐子(福井大学),○井上 博行(福井大学),塚本 充(福井大学)   

 

〔企画〕感性工学におけるラフ集合の応用         10:40-12:00         司会         森 典彦(東京工芸大学)

『感性工学においては、製品に関して、認知した属性と感性的判断についてのデータを得て、評価や設計(デザイン)のための実用的な知識を得ようとすることが多いが、ここにラフ集合理論における縮約が使えそうなことに着目した。このことを実際の製品で確かめたり、属性の縮約を新しい製品の評価や設計に応用した事例研究を発表する。』企画者:森典彦(東京工芸大学)

7C2-1:      デザイン評価用語と形態要素の関係分析

○広川 美津雄(東海大学),井上 勝雄(三菱電機)    

7C2-2:      ラフ集合を用いたパッケージデザインの嗜好分析

○井上 勝雄(三菱電機),黒坂 英里(三井ホーム),岡田 明(大阪市立大学)   

7C2-3:      消費者の多様な選好・非選好情報に基づくデザイン企画

○高梨 令(東京工芸大学),熊丸 健一(東京工芸大学),森 典彦(東京工芸大学)   

7C2-4:      自動車フロントマスクデザイン分析・企画へのラフ集合の応用

○井上 拓也(和歌山大学),原田 利宣(和歌山大学)    

 

画像・感性                                    13:00-14:20         司会         徳丸 正孝(関西大学)

7C3-1:      逆問題解法による建物外観の感性設計法

○小林 幸洋(九州工業大学),生駒 哲一(九州工業大学),前田 博(九州工業大学),

山本 大輔(構造計画研究所)  

7C3-2:      視覚情報の物理量と認知情報量との関係に関する基礎的考察

○板谷 尚哉(名古屋大学),川澄 未来子(愛知淑徳大学),古橋 武(三重大学)   

7C3-3:      歩行動作における個人特徴の直交空間記述

○長瀬 孝敦(九州東海大学),青木 研(広島国際大学),山口 紀生(九州東海大学)   

7C3-4:      幾何図形におけるアナロジーへのファジィ理論の応用 ―図形の変化の階層的決定法―

馬野 元秀(大阪府立大学),○鳴戸 雅之(大阪府立大学),松下 光範(NTT),瀬田 和久(大阪府立大学),宇野 裕之(大阪府立大学) 

 

〔企画〕ファジィ評価と感性工学                  14:30-15:50         司会         村田 忠(福岡工業大学)

『新しく生まれた「感性工学」は、人に優しくて安全な製品作りに役立つものと産業界から期待されている。感性工学が人間の心理や感覚反応に深く関係しているため、かなり曖昧でファジィ理論の活躍の場も多い。おおくのファジィ研究者がこの分野で研究されることを期待している。そのため今回色々な角度より見た感性工学の研究内容を紹介する。』

企画者:村田忠(福岡工業大学)

7C4-1:     信頼性工学における感性評価(掘 FMEA法とファジィ推論の活用例

○村田 (福岡工業大学)

7C4-2:      感性評価データのファジィ数量化について

○中森 義輝(北陸先端科学技術大学院大学),領家 美奈(北陸先端科学技術大学院大学)    

7C4-3:      感性工学と感性評価

○長沢 伸也 (立命館大学)

7C4-4:      品質機能展開からみた感性の捉え方

○大藤 正(玉川大学)     

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

D室

〔企画〕最適化                                    9:10-10:30   司会         古橋 武(三重大学)

『最適政策、最適平滑、最適戦術、最適系及び最適配分等、広義の最適化に関する研究発表を行う。』

企画者:古橋武(三重大学),鳶敏和(ダイダン)

7D1-1:      非線形制御系の構造設計

田中 一男(電気通信大学),○堀 滋樹(電気通信大学),谷口 唯成(電気通信大学)   

7D1-2:      GAによるスペースプレーンの実現可能性に関する研究

○本橋 和宏(日本大学),吉田 洋明(日本大学),山口 雄仁(日本大学),石川 芳男(日本大学)  

7D1-3:      対話型進化的計算による空調設備機械室の機器配置作成支援

○井上 武士(名古屋大学),古橋 武(三重大学),中村 真(ダイダン),鳶 敏和(ダイダン)  

7D1-4:      空調設備機械室の配管経路決定支援システムに関する一考察

○福島 崇志(名古屋大学),井上 武士(名古屋大学),古橋 武(名古屋大学),中村 真(ダイダン),

敏和(ダイダン) 

 

制御(1)                                     10:40-12:00         司会         安信 誠二(筑波大学)

7D2-1:      ファジィを用いた振動制御に関する実験的研究

古田 (関西大学),○平野 理(関西大学)     

7D2-2:      ニューラルネットワークによる動吸振器を有する質点系構造物の振動制御

○平塚 聖敏(日本大学),新宮 清志(日本大学)    

7D2-3:      非線形Delayシステムに対するファジィ制御

○岩崎 正明(電気通信大学),田中 一男(電気通信大学)    

7D2-4:      ファジィリアプノフ関数による制御器設計

田中 一男(電気通信大学),○堀 強(電気通信大学)    

 

制御(2)                                     13:00-14:20         司会         西野 順二(電気通信大学)

7D3-1:      外乱を考慮したファジィモデル追従形制御系の設計

○秋山 孝夫(山形大学),大久保 重範(山形大学)     

7D3-2:      三角型メンバーシップ関数を用いる安定なファジィ制御系の設計

○韓 虎剛(広島県立大学),村上 周太(九州工業大学)   

7D3-3:      新しい並列分散的補償法の提案 -ファジィリアプノフ関数の特徴を活かした新しい制御器設計-

○堀 強(電気通信大学),田中 一男(電気通信大学)    

7D3-4:                   ファジィ推論による人間オペレータの技量獲得 (倒立振子の安定化制御におけるカオス的時系列データからの制御ルールの同定)

○川副 嘉彦(埼玉工業大学),松本 仁(埼玉工業大学)    

 

制御(3)                                     14:30-15:50         司会         村上 周太(九州工業大学)

7D4-1:      ファジィモデルに基づく非線形制御によるR/Cヘリコプタの安定化

田中 一男(電気通信大学),○大竹 博(電気通信大学)    

7D4-2:     ファジィ制御への遺伝的アルゴリズムの応用

○加藤 英俊(東洋大学),松本 政之(東洋大学)    

7D4-3:     ファジィフィードバック制御によるエアアクチュエータの位置制御

○佃 武典(日本大学),斎木 (日本大学),廣瀬 武志 (日本大学),入江 寿弘 (日本大学)

7D4-4:     負荷変動および外乱に対応したファジィモデリングを用いた大空間空調制御

○曽我 佑介(電気通信大学),植田 俊克(新菱冷熱工業),本多 中二(電気通信大学)   

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

E室

決定木                                      9:10-10:30   司会         櫻井 茂明(東芝)

7E1-1:       情報量に基づくファジィ分割を用いた酸素濃度推定式の同定

○入月 康晴(出光興産),古橋 武(三重大学),谷 哲次(出光興産),大熊 繁(名古屋大学)  

7E1-2:       論理演算子を用いた遺伝的プログラミングによる決定木学習

○新美 礼彦(桐蔭横浜大学),田崎 栄一郎(桐蔭横浜大学)    

7E1-3:       ファジィ決定木生成法 ファジィC4.5とその改良(その2) −節点に応じて修正利得を変化させる方法−

○堀 和憲(大阪府立大学),馬野 元秀(大阪府立大学),瀬田 和之(大阪府立大学),

宇野 裕之(大阪府立大学)  

7E1-4:       決定木アルゴリズムにおける欠損値の扱いについて

○米山 計昇(東海大学),菊池 浩明(東海大学),中西 祥八郎(東海大学)   

 

推論(1)                                     10:40-12:00         司会         佐々木 守寿(愛知教育大学)

7E2-1:       n次元ファジィ推論法の提案

西川 昌宏(神奈川大学),○梶塚 正道(神奈川大学)    

7E2-2:       距離型ファジィ推論法Part16 ―― 離散型ファジィ変数で表されるファジィルール ――

○王 碩玉(高知工科大学),土谷 武士(北海道大学),水本 雅晴(大阪電気通信大学)   

7E2-3:       距離型ファジィ推論法Part15 ―― 一般化ファジィルールの推論アルゴリズム ――

○王 碩玉(高知工科大学),水本 雅晴(大阪電気通信大学),土谷 武士(北海道大学)    

7E2-4:       ファジィ索引とその類似データに基づく推論への応用

○馬野 元秀(大阪府立大学),大槻 充紀(大阪府立大学),宇野 裕之(大阪府立大学)   

 

推論(2)                                     13:00-14:20         司会         菅家 正康(明電舎)

7E3-1:       推論過程を自ら策定する推論アルゴリズムの開発

○長松 昌男(北海道工業大学)     

7E3-2:       分割層を有するファジィ推論モデルに関する検討

○福元 伸也(鹿児島大学),宮島 廣美(鹿児島大学),長澤 庸二(鹿児島大学)   

7E3-3:       先入観を考慮した逐次ファジィ推論の検討

荒井 良徳(東京工芸大学),○池田 さくら(東京工芸大学),佐藤 秀司(キヤノン)   

7E3-4:       部分的条件省略ファジィルール集合による強化学習結果の構造分析

山岸 栄輝(京都大学),○川上 浩司(京都大学),片井 修(京都大学)   

 

〔企画〕ソフトコンピューティングを用いた適応知的システムの設計・実装

14:30-15:50 司会 荒井 良徳 (東京工芸大学)

『複雑かつ動的な環境・対象を扱うために、学習や適応の機能を備えた知的システムが幅広い分野で提案・研究されている。本セッションでは、ソフトコンピューティングを用いた適応知的システムの設計・実装について、画像処理や自律ロボットなどの研究事例を提示し、幅広い視点からの議論を行うことを目的とする。』

企画者:廣田薫(東京工業大学),高間康史(東京工業大学)

7E4-1:       ファジィ関係式の高速反復解法とその画像圧縮への応用

○延原 肇(東京工業大学),高間 康史(東京工業大学),廣田 薫(東京工業大学)   

7E4-2:       事例に基づく色彩情報変化関数を用いた低照度撮影カラー静止画像の高速復元

○畠山 豊(東京工業大学),高間 康史(東京工業大学),廣田 薫(東京工業大学)   

 

7E4-3:       Design of a Self-organizing Fuzzy Automatic Pilot

Jan VascakTokyo Institute of Technology),Peter Kovacik (Military Aviation Academy in Kosice)  

7E4-4:       免疫ネットワークモデルを用いたキーワード集合抽出の情報可視化システムへの応用

○高間 康史(東京工業大学),廣田 薫(東京工業大学)    

 


→A室 →B室 →C室 →D室 →E室 →F室

F室

カオス                                      9:10-10:30   司会         谷 哲次(出光興産)

7F1-1:       ファジィ・ニューロ・GA・カオスの研究動向(1997-1999) ―その統計的データの分析―

○椎塚 久雄(工学院大学)     

7F1-2:       The Application of Pulse Wave Chaos in Clinical Medicine

Yoshio Maniwa (Oya Minamidani Clinic)Tadashi Iokibe (Meidensha Corporation)

Masaya Koyama (Meidensha Corporation)Motoki Yamamoto (Wakayama Medical University Hospital)Shoichi Ohta (Tokyo Medical University)

7F1-3:       カオス暗号化通信と車椅子リモート制御への応用

古金 裕美(九州工業大学),○樋口 智尚(ソニー),前田 幹夫(九州工業大学),村上 周太(九州工業大学)  

7F1-4:       株価のカオス特性の研究

○松本 義之(東和大学),和多田 淳三(大阪工業大学)   

 

データ解析                                    10:40-12:00         司会         吉川 歩(岡山大学)

7F2-1:       不明、矛盾を含む複数観測の結合結果の真理度 −独立の場合とベイズ推定

○間渕 重昭(大阪学院大学)     

7F2-2:       拡張原理に基づく最小二乗法を用いたファジィ入出力データに対するファジィ回帰分析

○竹村 和久(筑波大学)     

7F2-3:       ファジィ区間データを用いたAICによる分散分析

○小西 幹彦(広島国際大学),奥田 徹示(大阪工業大学),浅居 喜代治(大阪府立大学名誉教授)   

7F2-4:       教育現場での成績データのリンク分析とファジイ論理分析

高橋 恒介(静岡産業大学),○川口 順功(静岡産業大学),大石 義(静岡産業大学)   

 

建築                                         13:00-14:20         司会         松下 裕(清水建設)

7F3-1:       建築デザインを記号化する手法の提案

○佐藤 祐介(日本大学),新宮 清志(日本大学)    

7F3-2:       街並み評価システムの開発

小笠原 常之(ソフトバンク),○沼尻 和世(芝浦工業大学),堤 和敏(芝浦工業大学)    

7F3-3:       免疫アルゴリズムとシミュレーション技術を用いた地下街ショッピングモールの最適配置

古田 均(関西大学),○辻岡 伸也(関西大学)  

7F3-4:       地下街におけるサイン環境構築支援システム

古田 均(関西大学),○亀田 学広(関西大学)     

 

 

〔企画〕建築におけるファジィ理論の応用         14:30-15:50         司会         谷 明勲(神戸大学)

『建築の設計、生産、運用等において、極めてファジィな要素に満ちているのが、他の工業技術製品と比べて大きな特色である。建築は、意匠、環境、構造に大きく分けられる。意匠や環境の分野では主観や心理、生理などによる評価が基礎となり、ファジィそのものである。他方、力学をベースとする構造は最も理論的でクリスプな分野と思われているが、それは大きな誤解であり、本質的にはファジィな意思決定の集積である。本セッションでは、このような建築の分野において、ファジィ理論が応用されている解析、設計、評価、制御例などの報告による研究交換を行い、ファジィ理論の適用の更なる必要性と応用性を明らかにしたい。』企画者:河村廣(神戸大学)

7F4-1:       GAを用いた地震動入力予測条件付きファジィ集合ルールのチューニング

○谷 明勲(神戸大学),河村 廣(神戸大学),瀧澤 重志(神戸大学)   

7F4-2:       ファジィ理論の満足度を採用した建築骨組の最適設計

○北尾 聡子(京都工芸繊維大学),小坂 郁夫(京都工芸繊維大学)    

7F4-3:       ファジィ理論を用いた耐震性能満足度評価法

平田 毅(キャノン販売),○太田 優子(芝浦工業大学),堤 和敏(芝浦工業大学)   

7F4-4:       ファジィ理論による住宅の美観評価 ―交流分析を用いた評価の導入―

○松本 峰高(日本大学),和田 孝史(アクシスソフト),高萩 栄一郎(専修大学),新宮 清志(日本大学)  

 


→9月5日(水) →9月6日(木) →9月7日(金)